腰痛が原因で自己破産する人もいる

私は腰痛持ちで、ある時、お風呂場から脱衣所に行こうとした際に、突然理由もわからずギックリ腰になってしまって、そこから4日間くらい腰が痛すぎて歩けないような状況になってしまいました。

そこから私はずっと慢性的な腰痛を抱えており、これが原因で立ち仕事などはできない状況になっています。

こんな感じで、ちょっとした原因で慢性的な腰痛になってしまって、それが原因で仕事に制限がかかってしまうというのは良くあることです。

私の場合には、仕事とはまったく関係ない状況で発症した腰痛で、偶然仕事がデスクワーク中心だったからよかったですが、もしも立ち仕事だったら会社を退社せざるえなかったと思います。

退社した場合に、すぐに新しい仕事が見つかればいいですが、なかなか次の仕事が見つからないような状況だと、借金返済できずに自己破産しなければならない可能性があります。

債務整理には自己破産以外にも任意整理や個人再生という方法がありますが、仕事がない状況だと、任意整理や個人再生で借金を減額したとしても、残りの借金を返済する給料がないので、どうしようもないです。

そのため腰痛で無職になってしまった場合には、自己破産で借金を返済するしかないということになります。http://www.moleculareconomics.org/

SNSでもご購読できます。