腰痛で薬効かない

腰痛で痛み止めなどを飲んで効果がない場合は体に耐性ができてしまった可能性があります。腰痛を早く改善する方法を知りたいなら薬について知るといいと思います。

腰痛で薬が効かないということは結構良くあります。

その場合はいろいろな鎮痛剤や痛み止めを試してみるのですが、おそらくそこまで大きな違いはないのではないでしょうか。

鎮痛剤を飲んでも、腰までに効果が出るのには時間がかかります

口から入れる鎮痛剤や痛み止めは頭痛などの頭に近い部分には割りと早めに効果がでますが、腰までになると効果にタイムラグが発生します。

そのため病院に行くと痛み止めとして座薬が渡されることが多いです。

理由は座薬のほうが腰に近くて効果が早いからです。

そのため腰痛の場合は飲むタイプの痛み止めより、お尻から入れる下剤タイプのほうがいいかもしれません。

まあ痛み止めを飲んでいても根本的な治療にはならないので、それと平行してしっかりとした腰痛治療を行う必要があります。

しっかりとした治療を行わないと一時痛みが引いてもそこからまた再発する可能性があります。

薬に頼らない生活習慣を目指そう!

上記のように薬はずっと飲んでいるとどうしても効果が薄くなってきてしまうので、薬で痛みを抑えてもそれはずっと持続できるものではないです。

そのためできるだけ薬に頼らないような生活習慣肉体作りが大事になってきます。

意外と普段の生活での姿勢を改善していくだけでも痛みの症状は変わってくると思います。生活習慣を直していくのは大変なことではありますが、一度治してしまえばその生活習慣にも慣れてくるので、まずは取り組んでいくことが大事になってきます。

最初のうちは大変ですが姿勢などは一度治せばそのあとはそこまで大変ではないので、腰痛で薬が効かなくなる前に、早めに姿勢改善などに取り組むようにするといいのではないでしょうか。若ハゲ対策

SNSでもご購読できます。