若い人でも腰椎椎間板ヘルニアは発症する

腰痛で悩んでいる人は多いですが、そんな腰痛の代表的な症状としてあるのが腰椎椎間板ヘルニアになります。

ヘルニアで悩んでいる人はかなり多く、ある意味では日本の国民病とも言えるくらいだと思います。

腰痛の中でもヘルニアの人は珍しくなくて、実際に若い人でも発症している人は少なくないです。

その証拠に現役のアイドルなどが腰椎椎間板ヘルニアによってステージ活動を中止するなどのニュースもあるくらいです。

現役のアイドルなどが腰椎椎間板ヘルニアを理由にステージを中止したり、アイドル引退などになってしまうくらいなので、症状の深刻さと、どれだけの人が発症しているのかといういい例ではないでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニアは簡単に症状が解決するようなものではないので、一度発症すると一生付き合っていくということも覚悟する必要があります。

あまりに症状が悪化して歩くのも困難なくらいの症状になってしまった場合には手術をする必要がありますが、そこまでになってない場合には、トレーニングや姿勢改善などによって対策していくことになります。

そういった意味では腰椎椎間板ヘルニアになってしまった場合には、地道な対策が必要になってくるということになります。

またこれ以上腰痛の症状を悪化させないことが非常に重要になってきます。

腰椎椎間板ヘルニアは姿勢を改善するとで治る可能性がある

ヘルニアになる要因として普段の姿勢が関係していると話しましたが、つまりは姿勢を改善すれば、原因が除去できるので治る可能性が十分にあるということです。

姿勢といっても色々な姿勢があります。歩いている姿勢や座っている姿勢、さらには寝ているときの姿勢など色々な状況でどこの部分で腰に負担がかかっているのかは人によって違います。

最近は仕事でデスクワークをしている人も多いと思いますので、普段のPCへ向かう姿勢などを疑ってみるといいのではないでしょうか?

その際に猫背になっていたり、画面に顔を近づけたりして作業をしているということはないですか?

そういった状況が長時間続いてしまうと、それだけ腰などに負担がかかってしまうので腰を痛める要因になります。

普段の姿勢はしっかりと意識しないと改善することはできないので、なるべく姿勢を意識しながら作業をすることが改善の一歩につながると思います。詳細はこちら

SNSでもご購読できます。